行政書士がサポートする車両登録【しっかり登録して安心】

男性

負担を軽減させられる

男の人

交通事故と後遺障害について

交通事故による死亡者数は自動車の安全対策の進展などにより減少傾向にありますが、負傷者数も含むと毎年少なくない人数が交通事故の被害に遭っているといえます。自分で自動車を所有していない人であっても同乗中や歩行中に交通事故に巻き込まれるリスクがあります。日本では強制保険である自動車損害賠償責任保険に加え、任意の自動車保険に加入することが一般的となっているため、交通事故の被害にあった際はこれらの保険を使って十分な金銭的補償を受けられると考えている人が多いことでしょう。しかし、後遺障害が残るような事故のケースでは、保険会社との見解の相違により十分な金銭的補償を受けることができないケースも少なくありません。

弁護士へ相談してみよう

保険会社も営利企業であるため、出来るだけ保証金の金額を引き下げたいというインセンティブが働くからです。不定愁訴やむち打ち等の交通事故との因果関係をはっきり証明することが難しいといわれる後遺障害については、保険会社との見解の相違で納得のいく補償額が提示されないケースも少なくありません。保険会社は示談交渉について経験豊富ですが、知識や経験のない被害者側が保険会社と対等に渡り合って法的な根拠を提示しながら示談交渉を行うのは困難なのが実情です。そうした場合、示談交渉の経験豊富な弁護士に交渉を依頼するという選択肢もあります。後遺障害が残るような事案の過去の判例などを調べ上げ、保険会社と示談交渉を行ってくれます。交通事故の後遺障害にかかる示談交渉で悩んでいる方は、一度弁護士に相談をしてみるのもよいでしょう。自動車関係の登録などの場合は弁護士だけでなく行政書士でも専門に行なっている事務所があるので行政書士に頼んでみるのも良いでしょう。東京には多くの弁護士事務所や行政書士事務所があるのでしっかりと選んでから利用しましょう。

迅速な連絡

男

交通事故に合えば、骨折程度の治療費でも一万円以上かかるとされており、事故を起こした加害者や保険業者が支払うこととなります。後遺障害が残ると更に高額な費用が必要となるため、事故を起こした場合は迅速な連絡が必要なのです。

» 詳細へ

費用とサービス

相談

税理士の力をどうしても借りたい時には仕事を依頼する事になりますが、そこでネックとなるのが費用です。自分が用意している費用で依頼をしたいのであれば、ネットで一括見積りサービスなどを利用すればいいのです。

» 詳細へ

慰謝料を請求する

相談

パートナーが浮気などをした場合、離婚をする際に慰謝料を請求することが出来ます。しかし、スムーズに話が進むカップルというのは極めて少ないもので、解決が難しい場合は弁護士に相談をしましょう。

» 詳細へ